Blog

僕の考えるWebデザインの本質とは?

2020.10.23

はじめまして、フロントエンジニアのマックスです。
ただただ「Webが好き」っていう理由だけでフリーランスでWeb制作をはじめてからはや10数年。
今では超克のメンバーとして日々Webサイト制作を行っています。

フリーランス1年生の時、自分の仕事を聞かれると何の迷いもなく「Webデザイナーです」って言ってましたが、デザイナーって響きだけで、なんかおしゃれで洗練されたアーティスティックなイメージをもっている方も多いのでは?
そもそもWebデザインとは何ぞやというところまで掘り下げて考えたりしました。

最近社内の新米コーダーに色々教えていく中でそんな昔の事を思い出したりしたので、今回のブログのテーマにします。

テーマは、『Webデザインの本質』

テーマは、『Webデザインの本質』

まず、本題にせまる前にWebサイトができあがるまでの工程を見ていきます。
それぞれの工程には、それぞれの役割を担う人がいます。

まずはWebプランナーがお客様からどんなサイトの要望や目的などをヒアリングして企画設計を行い、制作サイドに伝えます。
営業さんが兼ねる事もありますね。

次にWebディレクターが制作を担当するメンバーの選定や、スケジュールや工数の管理などを行います。
全体の流れを把握し業務を円滑に進める役割です。

そしてWebデザイナー、出ました今回のキーパーソン。
フレームワークやデザインカンプの作成、サイトの導線をどうするなどの『設計』を行います。
答えがもう出ましたが、そうです、WebデザインとはWebサイトの設計をする事なんです。
ここで設計したものを基に、グラフィックデザイナーがデザインを起こし、コーダーがhtmlやcssのコーディングをしてWebサイトを組み上げていきます。
Webデザイナーがグラフィックデザインからコーディングまで行ったりするケースも多々あるので、実際に制作する部分はWebデザイナーがひとりで担う事もあります。
それもあってWebサイトを作る人=Webデザイナーってイメージが浸透しているかもしれないですね。

さらにもっと細かく見ていくと上流にはWebプロデューサーがいたり、コーダーよりもさらにSEOの知見なども持ったマークアップエンジニア。
JavascriptやPHPなんかも扱うフロントエンドエンジニア、ゴリゴリにシステムを組み上げちゃうプログラマ、バックエンドエンジニアなどたくさんの役割があります。

会社の規模によっては細かく分かれているところ、一人でいくつも兼任しているところ様々です。
このまま書き進めるとテーマを見失ってしまうので、役割についてはこの辺にしておきます。

ベストプラクティスは正しいサイト設計

ベストプラクティスは正しいサイト設計

例えば家を建てる時に重要になってくるのは設計図。
設計図を作るためには、土地がどうなっているのか状況や質がどうなっているのかを調査し、生活していく上での導線をしっかりと意識して設計していきます。
もちろん予算にも限りはあるので、その中でどれだけ最高な家にするのか、設計なくして家は建ちません。
同様にWebサイトを制作する時にとても重要なのがWebデザイン。
つまり、前談でネタバレしていますがWebデザインの本質は『設計』だと僕は考えています。

しっかりとした設計図が用意できれば、お客様にも理解してもらいやすくグラフィックデザイナーやコーダーもどんなサイトをつくるのか一目瞭然にも。
逆にどんなに見た目が綺麗でも、設計がしっかりできていないとWebサイト本来の目的を果たす事はできません。

最高のWebデザインをする為に必要なこと

Webデザイン含め上流の工程はコーディングとか制作ができなくてもする事はできますが、作ることができなくてもWebの知識は必要。
知識を持った上でヒアリングする事で、情報・素材をお客様から引き出し、設計に落とし込んでいきます。

著名人の名言にこんなのがあります。

デザインとは、単にどのように見えるか、どのように感じるかということではない。どう機能するかだ。
スティーブ・ジョブズ

説明することができないなら、それは芸術です。
説明を求める者がいなくなったなら、それは流行です。
説明なしに伝わるなら、それはデザインです。
ウーター・ストッケル

過去にWebデザイナーの意味まで深く考えずに名乗っていた僕も、お客様の判断基準に合わせ、いかに見た目の良いものを作るかばかり考えていた事もありました。
でもそれって問題解決にはならないのです。

問題解決とは「思考・概念の組み立て」と「様々な媒体に応じて表現」する事

デザインの語源を調べている時にどこかで見た文章を覚えているのですが、Webサイトをつくるとき、リニューアルする時というのは何か問題・課題がありそれを解決する事に繋がります。
そして解決に導く為には
「思考・概念の組み立て」=『設計』
「様々な媒体に応じて表現」=『見た目』
の両方が必要になってきます。

Webデザインは問題解決のための手段

見た目だけにこだわっても問題を解決する事はできませんし、設計を間違うと答えに辿りつけず結果として問題は解決しないという事になってしまいます。
人間と同じで、いくら素敵なファッションに身を包んでも中身がスカスカだとただのブランドおじさん。
お金があればいくらでも見た目は変えられるけど中身を変える事は容易ではありません。

しっかりとした中身に、素敵な外見が加わるとより一層魅力的になるものです。

まとめ

思うがままに書いていると話が脱線してしまいがちなので、急ですがまとめます。
制作者やお客様の好みや主観的な意見に合わせて作り上げても、『伝えるべき相手』であるエンドユーザーに伝わらなくては意味がなく、しっかりと理由に基づいて『デザイン』する必要があります。
物事の本質を捉え、問題解決の為の設計を行う事がことWebサイトにおいてWebデザインの本質だと僕は考えています。
Webサイト全体で見ると他にも重要な役割、考え方もあるのでそれはまた別の機会に。

RECRUIT

“美しい”をつくる

我々と共に美しいモノをつくってくれる
未来の仲間を探しています。
自分を表現できる場所をお探しの
貴方に向けて。